メイク

ビジネスチャンスが掴める化粧品輸入代行やOEM製造のヒミツ

成分検査もお任せ

男女

安全性が問われる化粧品市場において、海外コスメの仕入れは化粧品輸入代行を通すのがいいでしょう。薬事法の規定に則った成分検査も実施してくれるので安心してお任せできます。

この記事を読む

成功のヒント

女性作業員

化粧品のOEM製造を依頼する場合は、メーカーがメインで企画・開発している製品の種類を特定することが大切です。ノウハウを持っているところを選べば、売れる製品を作るきっかけが掴めます。

この記事を読む

ビジネスパートナーとなる

コスメ

代行業者が選ばれる理由

日本未発売のコスメは、雑誌やテレビなどで紹介され女性ユーザーが関心を持っています。特にインターネットが一般化した今、情報の伝達スピードは飛躍的に早くなっているのも特徴でしょう。そうした現状から、海外コスメにビジネスチャンスを見出す企業が、化粧品輸入代行を通して取り扱いをスタートさせるケースが増えています。輸入代行を通すことにより、日本国内でニーズのある製品をいち早く仕入れて販売できる体制が築けます。これが自社になると、成分検査や薬事法の規定クリア、化粧品製造販売業許可証の発行など対応におわれて時間がかかる恐れがあります。だからこそ、経費をかけても化粧品輸入代行を通すルートが選ばれているのです。

お試し利用が可能

海外コスメをこれから取り扱おうと思っている企業にとって、化粧品輸入代行は大きなビジネスパートナーとなってくれます。ですが、このビジネスパートナーを信頼できるかどうかは別の話なので、専門業者でもあっても選定をする必要があるでしょう。実際にどういう流れで輸入の手続きと仕入れができるのかを把握し、手数料の割合をみて利益に繋がるかどうかを見極めます。このあたりは、実際に業者と商談を進めてみないとわからないところなので、複数の業者と話をしてみるのが良いでしょう。また、最近はお試しで化粧品輸入代行を利用できるプランを設けているところがあります。ここなら、実際の流れを把握できますし時間的な感覚も分かるから非常に便利です。

効率の良い生産体制

化粧品

新商品の企画や開発以外でも利用されている化粧品OEMは、製造ラインの確保に最適です。必要なタイミングで増産体制を築くことにより、ムダな在庫を増やすことなくビジネスが展開できます。

この記事を読む